妊娠初期の便秘の原因と解消法 いきむのが怖い・・・

妊娠初期の便秘の原因と解消法 いきむのが怖い・・・

男性に比べると、もともと便秘がちの方が多い女性。
妊娠すると、心身のさまざまな変化から、さらに便秘しやすくなり、これまで便秘とは無縁という人でも、便秘で悩む人が増えます。
便秘が続いても、それが直接お腹の赤ちゃんに影響することはありませんが、何となくいきむのが怖くなりますよね。
また、肌荒れや、口臭、お腹の張り、痔などにもつながるので、なかなか辛いもの。
今回は、便秘の原因と解消法についてお話しいたします。

 

便秘の原因

大きく分けて、以下の4点が指摘されています。

 

ホルモンの変化

妊娠すると、妊娠を維持するために必要な女性ホルモンであるプロゲステロンが増加します。
しかしこのホルモンは、摂取した栄養を逃さないようにするために腸の働きを鈍くさせたり、水分を便中ではなく体内に蓄えようとする働きがあり、結果的に便秘を引き起こしやすくなるといわれています。

 

子宮が大きくなること

もともとニワトリの卵ほどだった子宮は、妊娠4カ月には子どもの頭くらいの大きさまで成長します。
その影響で、子宮が大腸を圧迫するようになり便秘につながります。

 

運動不足や、食生活の乱れ

妊娠初期は、激しい運動ができなくなることに加え、身体のだるさなどから運動不足になりがちです。
また、つわりの症状がでる方も多く、食事のバランスがみられたり、水分不足になったりすることから便秘につながります。

 

ストレス

妊娠初期は、体調の変化が大きく、母体にとっては心身ともにストレスがたまりがち。
ストレスが蓄積すると、自律神経が乱れ、便秘につながることがあります。

 

便秘の解消法

積極的にとったほうがよい食べ物 〜食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌〜

食物繊維は、野菜や海藻、豆類、キノコ類などに多く含まれます。
オリゴ糖は、腸内の善玉菌の活動を活発にする働きがあり、リンゴやバナナなどの果物、ゴボウや玉ねぎなどの野菜や、きな粉や味噌などの大豆製品に多く含まれます。
簡単に摂取しやすいよう粉末になったオリゴ食品も市販されていますが、添加物が気になる方は、食べ物から摂取するようにするとよいでしょう。
乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品や、納豆、味噌などの発酵食品に多く含まれます。
尚、非加熱のナチュラルチーズには、プロセスチーズよりも多くの乳酸菌が含まれています。
しかし、抵抗力の低下している妊婦さんにとってナチュラルチーズは、リステリア菌感染の原因になることがあるので避けましょう。
つわりの症状がある方は、食べられるものを食べられる時に、バランスよくとるようにしてください。

 

水分摂取を心がけて 1日1.5〜2.0Lを目安に

特につわりの症状がある方は水分不足になりがち。
1日1.5〜2.0Lを目安に、水分摂取を心がけましょう。
身体を冷やしてしまう冷たい飲み物は控え、白湯など温かい飲み物を取るとよいです。

 

軽い有酸素運動をしましょう

妊娠中は激しい運動はできませんが、軽いウォーキングやストレッチなどは可能です。
切迫流産などで安静を指示されていない方は、軽い運動や家事で身体を適度に動かすようにしましょう。

 

便秘薬について

食生活などを改善しても便秘が解消しない場合は、産婦人科医で便秘薬について相談しましょう。
便秘薬の中には、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるものもあります。
もともと便秘症の方は、手持ちの便秘薬を自己判断で使用せず、必ず産婦人科医に相談するようにしましょう。

 

まとめ

・妊娠に伴う心身の変化や生活習慣の乱れから、便秘になりやすくなる
・食事のバランス、水分摂取、適度な運動に気を付けましょう
・便秘薬については、自己判断で内服せず、産婦人科医に相談しましょう

 

妊婦さんの約7割にみられるという便秘。
ひどくなるとお腹が張ったり、痔になったりしてしまいます。
まずは普段の生活習慣から見直し、早め早めの対策を。
それでも改善しない場合は、産婦人科医に相談しましょう。